本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の構想・計画の中のノーマライゼーションプランからノーマライゼーションプラン金沢2021
印刷用ページを表示する
 

ノーマライゼーションプラン金沢2021

障害のある人を取り巻く社会環境の変化に的確に対応し、障害のある人の切実な思いに応えていくため、第5次金沢市障害者計画「ノーマライゼーションプラン金沢2021」を策定しました。
本プランでは「親なき後」や災害時等の不安を解消し、障害のある人の生活を地域全体で支えるシステム「地域生活支援拠点推進事業」の充実に努めるほか、障害の社会モデルの考え方に基づき、差別の解消と合理的配慮の促進を図ることにより、年齢や障害の有無等にかかわりなく安全に安心して暮らせる「共生社会」の実現を目指すとともに、医療的ケアが必要な児童に対する支援など、障害のある児童への支援強化を重点施策としています。

重点施策

1 安全に安心して暮らせる「共生社会」の実現 …「ともに生きる」の新設

少子高齢・人口減少社会の急速な進展や人間関係の希薄化、社会的孤立等の課題が表面化する中、年齢や障害の有無等にかかわりなく安全に安心して暮らせる「共生社会」の実現が強く求められることから、新たな施策の柱となる「ともに生きる」を新設し、関連施策を拡充します。

2 障害のある児童への支援強化 …「豊かに育つ」の新設

児童福祉法等の改正や金沢SDGs(※1)の推進等を受け、子育て支援の充実や医療的ケアが必要な児童等への支援を強化するため、新たな施策の柱となる「豊かに育つ」を新設し、関連施策を充実します。
 
※1「SDGs」とは
SDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標))は、平成27年の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に示された持続可能でよりよい世界をめざす国際目標で、17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っているもの。

3 社会情勢の変化等への対応

(1) 東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた国のユニバーサルデザイン2020行動計画の策定(平成29年)やユニバーサル社会実現推進法の制定(平成30年)、バリアフリー法の一部改正(令和2年)を受け、各分野におけるユニバーサルデザインを推進します。
 
(2) 国の障害者文化芸術推進法の制定(平成30年)を契機に、文化芸術創造都市金沢の強みを生かし、障害のある人が文化芸術活動等を通じて能力を発揮し、更なる自立・活躍を促進する施策を展開します。
 
(3) 金沢市手話言語条例(平成29年)や国の読書バリアフリー法(平成30年)の制定、情報提供に関する多様なニーズ等に対応するため、情報コミュニケーション施策を充実します。
 
(4) 生産年齢人口の減少等による担い手不足や多様化・複雑化するニーズに対応するため、ICTの利活用や、IoT、AI時代のスマートインクルージョン(※2)の視点を各種施策に反映します。
 
※2「スマートインクルージョン」とは
IoTやAIの力で、障害がある人もない人もともに生涯安全に暮らせる社会を実現するという発想。

ノーマライゼーションプラン金沢2021【概要版】

ノーマライゼーションプラン金沢2021【全編】

PDF形式

Word形式 ※表紙除く

問い合わせ先

福祉健康局 障害福祉課
電話番号:076-220-2289
FAX番号:076-232-0294
syoufuku@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。